suneoHairWax::sociology このページをアンテナに追加 RSSフィード

★メモ用

Sep 01, 2006

[][]指標と表現[(独)Anzeichen und Ausdruck] 指標と表現[(独)Anzeichen und Ausdruck] - suneoHairWax::sociology を含むブックマーク

現象学事典』より。

指標と表現の区別、つまり指示記号と意味記号との区別とは、フッサールが『論理研究』II/1の第一研究「表現と意味」で行った記号分類上の区別である。

「指標」(Anzeichen)とは、指示対象を識別するだけの「メルクマール」とか「烙印」、ないしはチョークによる目印といった種類の記号をいう。「指標」の本質はその指示機能にあるが、それは「それとは別の対象や事態の存立についての確信、ないしは憶測の動機となる」機能をいう。したがって、「指標」はそれ自体、具体的な意味内容を表現しているのではない。

それに対して、「意味」を持つ記号、つまり「意味機能」(Bedeuten)を果たしている記号が、「表現」なのである。フッサールは、「表現」を、表情や身振りなどのように「思想内容」を表現しようという意図が欠けている単なる「表出」から区別している。

言語表現は、他者とのコミュニケーションにおいて、事物を指示する機能、つまり「指示機能」と、伝達者(記号産出者)のその瞬間の心的体験を意図的に告知する機能、つまり「告知機能」を果たしている。

しかしながら、言語表現は他者とのコミュニケーション以外においても、たとえば「孤独な心的生活」といった場面でも「内部言語」として使用される場合があり、その場合には他者に対して何ものかを指示したり、自分の心的体験を告知するといった必要性は生じない。しかし、その場合でも、何ものかを「意味している」という機能は失われないでいる。むしろこの「意味機能」こそ、言語表現を有意味的表現たらしめている本質的機能である。

宮原勇)

[][]孤独な心的生活[(独)einsames Seelenleben] 孤独な心的生活[(独)einsames Seelenleben] - suneoHairWax::sociology を含むブックマーク

現象学事典』より。

他者とのコミュニケーションを閉ざしたままでの内面的意識生活を、フッサールは「孤独な心的生活」と呼ぶ。

フッサールは『論理研究』の第一研究「表現と意味」の冒頭で、記号を二つのカテゴリー、すなわち「指示記号」と「意味記号」に分類するとともに、記号の機能として三つ挙げている。つまり、原則として言語外の事物を指示する「指示機能」、とくに発話者の心的内容を告知する「告知機能」、そして純粋に「意味」内容を意味する(bedeuten)「意味機能」の三つである。この「意味機能」を果たしている、いわば有意味的記号を、「表現」と呼ぶ。とくに言語記号の場合、指示機能や告知機能は、〈話者が何ものかについて聞き手に述べる〉というコミュニケーション的状況において発揮されるが、しかしフッサールによれば、「表現」は「独語」のような「孤独な心的生活」においても「意味を持った記号として」機能する、つまりそこでも「意味機能」は働いているという。思考、ないしは「自らの心の中だけの」話の場合には、聞き手がいないのであるから、「指示機能」や「告知機能」は必要ないわけで、残るは「有意味的」記号として意味を担う機能だけとなる。そのようなコミュニケーション的状況における言語使用では、まず(1)他者の存在と、(2)言語表現の物理媒体(「音声」や「インクのしみ」など)とが前提され、上記の「指示機能」と「告知機能」が遂行されるのだが、フッサールは「内部言語」(internal speech)などの場合でも、言語表現の「有意味性」が保たれていると考え、言語表現の本質的機能は、コミュニケーション的状況においてではなく、「孤独な心的生活」という場面においてこそ顕在化されると考えた。

そのような一人称的な心的体験への意味論的「還元」は、フッサール現象学の中につねに働いているデカルト的動機、すなわち〈「孤独化」と「省察」による哲学的基礎づけへの志向〉の典型例である。

宮原勇)

カウンター
92434