suneoHairWax::sociology このページをアンテナに追加 RSSフィード

★メモ用

 | 

Jul 03, 2006

[][][]『社会システム』2-10:意味コミュニケーション 『社会システム』2-10:意味とコミュニケーション - suneoHairWax::sociology を含むブックマーク

  • あらゆる作動の意味関係づけは、社会システムにとってと同様に、心的システムにとっても不可避的に必要である
    • 双方の種類のシステムは共‐進化の過程で生じる。一方は他方なしには不可能であり、逆もまた同様、というわけである
      • いわば、それらは意味に関係して自己を分出させるはずである
  • 意味は、この創発的進化のレヴェルの、真の「実体」である
    • それゆえ、社会的なもの以上に、心的なもの、つまり意識にある種の存在論的プライオリティの拠り所を割り当てるのは誤りである(あるいはより穏やかに言えば、それは誤って選択された人間中心主義である)
      • 意味にとっての「支持する実体」を見つけることは不可能である。意味は、それがそれ自身の自己言及的再生産を可能にするのだから、それ自身を支持しているのである
      • 【そしてこの再生産の諸形式のみが、心的構造と社会的構造を分化させているのである】

  • 心的システム社会システムは、意識とコミュニケーションのどちらを作動の形式として選択しているのかによって区別される
  • その選択はひとつの個別的出来事においては可能ではない。ひとつの個別的出来事においては、意識とコミュニケーションは互いに排他的ではなく、しばしば多かれ少なかれ、重なり合うからである
    • 選択は、有意味な自己言及の活動に存している。つまり、顕在的な意味がそれ自身に関係づけるために用いるさらなる意味に存している
  • 意味は、身体的感覚に結び付けられたシークエンスに、それ自身を挿入することができる。すなわち、そのとき意味は意識として現出する
  • しかし意味はまた、他者の理解を含むシークエンスにもそれ自身を挿入することができる。すなわち、そのとき意味コミュニケーションとして現出する
    • 意味が意識として顕在化されるのか、コミュニケーションとして顕在化されるのかは、「後になってはじめて」明らかになるわけではなく、意味のいかなる個別の顕在化をも規定している
      • なぜなら、意味はつねに、自己言及的に構成され、それゆえつねに他の意味への関係づけを、自己言及の方法として含むからである

  • 意味のための、いかなる特権的担い手も、いかなる存在論的実体も存在しない
    • 、「担い手」というタームをまだ保ちたいのであれば、それは意味連関における【差異】である。そしてこの差異は、指示連関のいかなる顕在化であれ【選択的】である、という事実にもとづいている

  • このことを見る困難さは、見ようと試みるどんな意識もそれ自体、ひとつの自己言及的に閉じたシステムであり、それゆえ、意識の外へと出ることができない、ということに存している
    • 意識にとって、コミュニケーションでさえ、意識的にのみ行われうるのであり、さらなる可能な意識において運用されるのである
  • 【しかし、コミュニケーション自身にとっては、そうではない】
    • コミュニケーションは意識の閉じを超越する出来事としてのみ可能である。ただひとつの意識の、内容を越える総合として
      • ひとは(あるいは少なくとも私は)このことに気付きうるし、またそのことについてコミュニケートできる(それがうまくいくかどうか、そのひと自身の意識において確信がなくとも)
 | 

カウンター
94447