suneoHairWax::sociology このページをアンテナに追加 RSSフィード

★メモ用

 | 

May 30, 2006

[][]単位行為 unit act 単位行為 unit act - suneoHairWax::sociology を含むブックマーク

初期パーソンズの主意主義的行為理論における「具体的な行為諸現象を有意味に分析するさいの『もっとも基本的な単位』」で、「社会的行為social action」と同義。actor(行為者)・end(目的)・situation(手段と条件)・normative orientation(規範的志向)の四要素から構成される(『社会的行為の構造』1937、以降SSA)。

(1)行為者とは、人間あるいは物質的な有機体ではなく、自我(Ego)あるいは自己(Self)と考えられている。肉体や精神は、行為者にとっては環境であり、行為の状況(situation)である。

(2)目的とは、「行為者によって望ましいとみなされているがゆえに、ある行為がをれへと方向づけられているような未来の事態」(SSA:75)である。これは「具体的目的」と「分析的目的(=行為者の行為によってもたらされる限りでの未来状態)」とに区別される。

(3)状況とは、行為者の主観的観点からしてコントロール可能な「手段」とコントロールしえない「条件」に区別される。

(4)規範的志向とは、目的と状況との関係様式であり、目的を実現しうる複数の手段の中から、ある特定の手段を選択させる基準を「規範」という。

すなわち行為者は、〈目的定立〉〈手段の選択〉〈意志と努力〉し、これらを〈主観的観点から理解〉することから、この概念図式は主意主義的性格をもつといえる。

→主意主義

 | 

カウンター
94769